■ 解体と建築 ■
~scrap and build~

 太平洋戦争の東京大空襲では秋葉原にあった建物の大半は焼失しました。その後は他の東京の都市と同じく寄せ集めの木造建築から始まり高度経済成長期の鉄筋コンクリート造りなど様々な建物が立ち並ぶように━━。

現在も老朽化や耐震性・再開発など様々な要因で秋葉原の建築物は解体され新しく建設されています。その様子を淡々と捉えた写真集です。

   2017年11月04日 掲載開始(上野松坂屋)

■ 閲覧の仕方 ■

左からご覧になりたいコラムをクリックして下さい。
写真はクリックすると大きな写真が別ウインドウで開きます。
( 一部の写真を除く )